切らない手術

包茎手術の中でも多くの男性に支持されているのが切らない手術です。手術痕が残らないというのがメリットに感じられているでしょうし、何よりも見た目で手術をしたというのがバレないのが、男性にとっては心理的な負担にも配慮されていると感じられるのでしょう。

包茎手術のスタンダードになりつつあるのが切らない手術です。切る包茎手術よりも安価で手術が受けられるというのもメリットです。綺麗に仕上げる技術があれば、見た目で包茎だったことはバレません。しかも、亀頭を露出することができますから、早漏の改善にも役立ちます。

切らない包茎手術は、包皮をどこから寄せることで完了するものから、亀頭を増大させることで包皮が亀頭を覆わないようにする方法があります。どちらも衛生面へプラスとなりますし、何よりもコンプレックスの解消に大きな効果を発揮します。

包茎手術は切るだけではなく、切らない手術も浸透しています。見た目で手術をしたことが知られないというのも大きいでしょうし、包茎に対するコンプレックスが大きいほど、手術後の身体的・心理的側面でのプラスの効果が高まります。切る手術に比べてペニスの変形や体への負担を抑制することができるのも魅力のポイントです。