包茎手術の方法

包茎手術はどのような方法があるのだろうという方のためにも、当サイトでは包茎手術を2つに分類してご紹介。現在は切る手術方法と、切らない手術方法が存在します。どちらを選ぶかはそれぞれのメリット・デメリットがあるので、それを踏まえて決断するのがおすすめです。

切る包茎手術は昔から行われている方法で、包皮を切り取って亀頭を露出させます。縫合部分でツートンカラーのようにペニスが見えてしまうので、見た目のデメリットを感じる方も少なくありません。現在はそのような見た目の悪さを改善する方法が一般的になっているので、手術したということがバレない配慮が成されているようになっています。

切らない包茎手術は、包皮を集めて亀頭を露出させます。亀頭を増大させることで露出させる手術もあり、見た目にも誇らしい仕上がりになるのも人気です。男性にとっては包茎であるということが恥ずかしく感じてしまう場合には、こうした手術を選択することで、見た目のデメリットを解決することができるでしょう。

包茎手術は見た目以外にもメリットがあります。包皮が亀頭を覆っていると、そこでアカが発生し、悪臭を放つようになります。尿や汗などを貯めこんでしまうので、衛生的にも良いものではありません。性病発生のリスクも高いとされているため、衛生上のメリットがプラスされるのも包茎手術の特徴です。

包茎手術は男性の悩みを大きく改善してくれる手段です。費用的な負担はあるにしても、これからの人生を楽しむためのエッセンスになってくれることは間違いなし!そんな包茎手術の方法についてを当サイトではご紹介します。