切る手術

包茎手術は切る方法が昔から行われており、多くの人が包茎手術といえば包皮を切って縫合するという流れを想像しているはずです。実際には切らない手術も増えていますが、以前として切る方法で対応が行われているケースも少なくありません。

包皮を切らない手術は、どこかに包皮を集めなければならないため、切る手術に比べると包皮の多さによってペニスのどこかに皮が集まっているという感覚に至ることがあります。切る手術は包皮の多さに関わらず、亀頭が完全に露出して、そこから根元までもスムーズなラインが保てます。

切る手術のデメリットは、見た目が自然ではないことがあるという点ではないでしょうか。包皮と亀頭を縫合する場合に、色味が違って見えてしまうことがあります。いわゆるツートンカラーのようなペニスになってしまうと、不自然さが目立ってしまいます。

現在は自然に魅せるための手術も発展し、手術痕も他人に知られないように仕上げることができる手術が出ているので、切る手術に対するデメリットも随分と解消されるようになっています。どんな風に包茎を改善させたいかを相談することで、切る・切らないの選択が異なるでしょうから、まずは専門家に相談するのがおすすめです。